読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日記】レジェンド初到達報告

f:id:takagi_umami:20170322214013p:plain

パソコンが何もしてないのに壊れたためスマートフォンでの更新となります。

2016年何月かに始めたハースストーンで、初めてレジェンドに到達したのが嬉しくて、久しぶりに記事を書きました。

本来は日記に書くべき内容です。なので、いつものような生活の質を向上するライフハックや、心に染みる人生訓は出てきません。そのことを踏まえ、読んでもらえると嬉しいです。


1. 使ったデッキ
海賊ウォリアーを使いました。

リストは、海賊ウォリアーと聞いて皆さんが思い浮かべるものから、ナーガの海賊を引いて、イカれた錬金術師を入れた@takagi_umami 氏のものを使いました。

ランク2あたりから、とてつもなく運が良く、勝率75%でレジェンドに到達。とってもうれしかったです。またいきたいなぁとおもいました。おわり。


2. せっかくなので書いておきたいこと
レジェンド到達のハウツーや心構えは多くの先人たちが書いています。その中でも特にオススメなのが下の記事です。

<辛口注意!>レジェンド/ランク5になるためにすべきこと - ぼるs stone (仮)

Chromeのよく見るサイトにみたいなので出てくるくらい何度も読みました。

この記事を読んだおかげで、数をこなすことや、強いデッキを使うことを意識できるようになりました。

私のブログを読んでて、上記の記事を読んでないハースストーンプレイヤーがいるとは思えませんが、レジェンドを目指すなら必読です。


3. 今後のハースストーン活動
再びレジェンドを目指します。強いデッキを使います。

ウンゴロが楽しみです。財布に2300円しか入ってないのでまだ50パックのやつは買えてませんが、機会をみて買います。

ハースストーン友だちを増やしたいです。私と同じくらいの頻度でオンラインになる友だちが3人くらいしかいないので、5人くらいにしたいです。

以上です。

うまみスタンプまとめ

うまみスタンプ?あーなんかあったね、まだ言ってんのか、という人に向けた記事です。ネットでやり残していたことを精算しようと考え記事にしました。
画像使用に一言ある方は反応よろしくお願いします。できる限り直ぐに対応します。

うまみスタンプを知らない人への配慮はゼロです。ご存知の通り、という前置きでいきなり専門用語や身内ジョークを言います。まごついている人を無視して全力疾走します。よろしくお願いします。

 

1. そうですか~ 

f:id:takagi_umami:20160813200850p:plain

とても好きなハピナス画像です。

 

2. 君もそう思うかい?

f:id:takagi_umami:20160813201454p:plain

 相手もそう思っていると感じた際に使う画像です。

 

3. ドンマイ

f:id:takagi_umami:20160813202504p:plain

丸だけを使って描いた絵とのことです。

 

4.  言った覚えがないシリーズ

f:id:takagi_umami:20160813203134p:plain

 

f:id:takagi_umami:20160813203343p:plain

ハピナスということで勝手にうまみスタンプとしてまとめましたが、私自身はツイートした覚えがないものです。オリジナルうまみスタンプと言えます。

 

6.  ハピナスではないシリーズ

f:id:takagi_umami:20160813204055p:plain

f:id:takagi_umami:20160813204015p:plain

f:id:takagi_umami:20160813204153p:plain

f:id:takagi_umami:20160813204307p:plain

ドゴームがかなりお気に入りで何度も使っています。

 

以上です。もしも網羅できていないものがあれば、ご一報ください。

【ポケカ】オーロットbreakデッキレシピまとめ

ポケカのデッキレシピを漁っている際に見かけた、これは!と思ったオーロットbreakのデッキレシピをまとめておきます。

 

デッキレシピ:オーロットBREAK+アンノーン

余計なアタッカーを採用せずに、オーロットbreakだけで闘うデッキ。ソーナンスやエーフィexはおろか、シェイミexすら入っていない。つまりオーロットの弱点であるフラダリによる解除がない。

オーロットbreakは、こんな感じの形が一番強いんだろうなと感じさせるデッキです。

参照元 ヤマサカノフカの日記

 

【1月17日開催ポケカ大会】ポケカ界のマサラタウン杯(自称))

mライボルトexとオーロットbreakを組み合わせたデッキ。参加人数は分からないけども、2位という好成績!

mライボルトexもオーロットbreakも好きなカードなので、このデッキは見るだけで楽しい。

参照元 ホビーステーション

 

Masters Division Top 8 Aaron Tarbell / Trevenant BREAK

アメリカの地区大会で1位になったデッキ。炸裂バルーンが4枚入っているインパクトからか、Diarynoteでは複数の方々が日本語訳していました。ありがとうございます!

ただ、私の検索能力だと元記事を探すのにものすごい時間がかかったので、元記事のリンクも貼っててほしかったなと思います。

参照元 The Official Pokémon Website

 

Masters Division Top 8 Jacob Mechaber / Trevenant BREAK

アメリカの地区大会で2位になったデッキ。個人的にはこちらの方が印象強い。

クラッシュハンマー4、レッドカード2、怖いお姉さん2。戦いたくないよな。

xy1のボクレーが2枚採用されているのも珍しい。HP60であることと、「おどろかす」で手札を減らせるのが理由でしょうか。

BWレギュレーションにも関わらず、ほとんどBWのカードが採用されていないので、XYでも真似しようと思えばできそう。

参照元 The Official Pokémon Website

 

他にも、xy6アブソルをピン刺ししたデッキや、クリープショーゲンガーと組ませた野心的なもの、発売前だったゼンフォースと組ませたデッキなども印象に残っています。

他にも、印象に残ったオーロットbreakデッキが出てきたらここに残すつもり。何かあればぜひ教えてくださいね!

ジムバトルレポート

日記

本日、沖縄で開催されたポケモンカードのジムバトルに参加しました。なんと史上最多の参加者数!(6名、内3名が外国の方)

会場に到着すると、外国の方と対戦することになると聞かされました。恥ずかしい話、外国の方を甘く見ました。

マイナーなカード使ってきて、カードの効果がわからなかったらどうしよう笑、という風に。

結果は、戦った2戦どちらもサイドを5枚取られるかなり危ない試合でした。

 

以下対戦結果

 

・1回戦 ナイトマーチ ○

・2回戦 レックシェイミ

・3回戦 ルギアEX+悪やら超○

 

全勝優勝!使ったデッキはこちら。

 

優勝はしたものの、コミュニケーションに苦労しました。

最初に戦った人が、私の使うカードの効果を知らないことがあるのに加えて、私の英語の能力がひどい。相手の名前すら読めないレベル。

そんな状況を救ってくれたのはAnthonyさんでした。何度もカードの効果を伝えてもらいました。

ガマゲロゲEX+ダストダスなデッキを使ってたAnthonyさん。あの時きちんとお礼を言えなかった気がするので、ここで改めてお礼を言います。

ありがとう。Anthonyさん。Anthonyさんに届くといいな。

 

 



【ポケカ】沖縄最強デッキレシピ ライチュウ+ ブイズ

沖縄県で行われたポケモンカードのジムバトルで優勝しました。こんな機会めったにないので、最強である今のうちに優勝したデッキを晒そうと思います。

レギュレーションはbw1からxy7までです。

 

デッキレシピ

ポケモン 19

ピカチュウ(xy1) 4

ライチュウ(xy1) 3

イーブイ(xy7) 4

リーフィア(bw8) 2

シャワーズ(xy7) 1

・ブースター(xy7) 1

シェイミEX(xy6) 3

ルチャブル(xy3) 1

 

★サポート 9

アクロマ 2

・フラダリ 2

・オカルトマニア 1

フウロ 1

・センパイとコウハイ 1

アララギ博士 1

・ナギ 1

 

★グッズ 23

・トレーナーズポスト 4

・ハイパーボール 3

・レベルボール 3

・バトルサーチャー 3

・メンテナンス 2

ポケモン通信 2

・バトルコンプレッサー 2

・すごいつりざお 1

・シルバーバングル 1

・ちからのハチマキ 1

・ターゲットホイッスル 1

 

★スタジアム 2

・スカイフィールド 2

 

★エネルギー 7

・基本闘エネルギー 3

・ダブル無色エネルギー 4

 

全体

ベンチのライチュウを切らさないようにしながら、とにかく攻撃を続けてサイド差で勝つデッキです。

相手によって、アクアエフェクトやフレアエフェクトでライチュウにタイプを付けます。ジムバトルでは、どちらも活きませんでした。

もしかしたら、BW以降のレギュレーションにも関わらず、イーブイがbw8のものでないことや、ACE SPECのカードが入ってないことを大丈夫か?と思う人がいるかもしれません。

実はこれにはとても深い理由があります持ってないからです。

ここだけの話、沖縄ではACE SPECのカードを使う人の方が少数です。私が知る限り、Anthonyさんがパソコン通信を使っているのを見たのみ。

ゴールドポーションは持っているので、今度ゴールドポーションを使ってみようと思います。

 

個別

ポケモン

ポケモン自体に珍しいものはないはず。ブースターは、沖縄で猛威を振るっているアリアドスジュカインEXメタで、シャワーズは、前日に炎デッキで行く!と言われたので入れた感じ。

 

★サポート

サポートは、基本的に、ドローソースになるもの以外は1枚か2枚だけ入れるようにしています。サイド落ちしたら困るものは2枚で、それ以外は1枚。2枚サイド落ちしたら死ぬ。センパイとコウハイは全く使わなかったので、アララギ博士やN、エリートトレーナーの方が良かったかもしれない。

 

★グッズ

グッズは強いものは3枚、強くていつでも使えるものは4枚、左の2種よりは弱いが入れたいものは、2枚か1枚だけ入れるようにしています。メンテナンスでダブル無色エネルギーを戻す動きが強い。

 

★スタジアム

特になし。

 

★エネルギー

少ないエネルギーで動けるポケモンたちで構成されているので、こんな感じになりました。早い段階でダブル無色エネルギーが何枚サイドに行っているか確認すること。

 

入れようか迷ったカード

・ドローできるサポート

センパイとコウハイや、フウロが使いにくかったので他のカードにしたい。

 

・タウンマップ

ライチュウを切らすとまずいので、サイドに落ちているものをすぐに回収できるように。

 

・せいなるはい

すごいつりざおとの選択。また、すごいつりざおを2枚入れるかどうかも迷った。

 

ホルビー(xy5)

Ω連打のやつ。ナギに対応しているうえ、ダブル無色エネルギーを戻せる。

 

ノコッチ(xy6)

ナギに対応しており、逃げ0の種ポケモン

 

・タマタマ(bw8)

ぞうしょくでベンチを埋める。

 

以上。

 

【ローテ】おいかぜサザンドラ+剣の舞ギルガルド ORASシーズン1使用構築

ローテ ギルガルド サザンドラ ニンフィア ガルーラ ロトムW ファイアロー

概要

ORASシーズン1のローテレートで使用していた構築です。勝率は67%くらいで最終レートが1726、順位は21位!強い!

この構築の良いところは、ライコウジガルデエムリットといったいわゆる準伝説のポケモンが不要なところ。また、遺伝技がガルーラすてみタックルくらい。めざめるパワーも必要としない。簡単!

 

個別

サザンドラ@ラムの実
控えめ H188 C228 B84 S4
191-×-121-191-110-119
竜の波動 / 悪の波動 / 大文字 / おいかぜ

耐久
・A194メガガルーラすてみタックルをだいたい(84.72%)耐える

火力
・竜の波動でH183-D105ガブリアスを倒す時(76.56%)もある
・大文字でH157-D110メガクチートを倒す時(58.98%)もある

ギルガルドと組ませるために構築に入れた。剣の舞ギルガルドを並べるにあたって、必要だと感じた耐久と火力を満たす形にした。ちょっと中途半端。アイテムは、火力上昇よりも状態異常を重くみてラムの実を選んだ。発動回数はけっこうあった。

 

ギルガルド@命のたま
いじっぱりH252 S36 残りA
167-107-170-×-170-85
167-217-70-×-70-85

アイアンヘッド / かげうち / キングシールド / 剣の舞

火力
アイアンヘッドでH202-B137ピクシーを倒す時(58.98%)もある
・A2段階アップしたアイアンヘッドでH157-B145メガクチートを倒せる(100%)

速さ
・おいかぜ下でS169ガブリアスより速い

 構築の出発点。PGLで確認する限りでは、ローテのギルガルドは特殊型が多い(8対2くらい)。そのため、サザンドラギルガルドと並べると、光の壁を使ってくる相手が多く、簡単に剣の舞を使えることが多かった。今回は、構築全体で厳しいトリックルームをやり過ごすためにキングシールドを選んでいるが、キングシールドなしでシャドークローや、聖なる剣を入れるのも強そう。

 

ニンフィア@こだわりスカーフ
臆病CS
170-×-85-162-151-123
ハイパーボイス / ねごと

耐久
・A146ファイアローのこだわり鉢巻持ちブレイブバードで死ぬ

火力
・D120メガガルーラハイパーボイスが90~106ダメージ

速さ
・スカーフ込みでs183ライコウより速い

3番目に構築に入れたポケモンギルガルドサザンドラと組み合わせるポケモンとして、ふいうち耐性があり、ガブリアスを上から倒せるポケモンを考えていたら、twitterで見かけたスカーフ持ちのニンフィアを思い出した。ハイパーボイスが音技であるため、おいかぜを使ううえで面倒な身代わり対策にもなる。イーブイを他のロムへ移すと仲良し度が下がるのは教えて欲しかった。

 

ガルーラガルーラナイト
陽気AS
(ガルーラ)181-147-100-×-100-156
(メガガルーラ)181-177-120-×-120-167
すてみタックル / けたぐり / ふいうち / じしん

 火力

・B120メガガルーラへけたぐりで167-198ダメージ

4番目に決めた。いつもメガガルーラばかり使ってる。相手のサザンドラを重くみて、性格を陽気にしてけたぐりを覚えさせている。

 

ロトムWゴツゴツメット
図太い H252 B148 C44 D4 S60
157-×-160-131-128-114
10万ボルト/ ハイドロポンプ / 光のかべ / リフレクター

耐久
・A194メガガルーラすてみタックルをだいたい(90.18%)耐える

火力
・H153-D89ファイアローを10万ボルトで倒せるようにしたはずだった(88.28%)

飛行耐性や炎耐性、光のかべとリフレクターを使えるポケモンとして構築に入れた。図太いにしたのは、壁を使う前にガブリアスメガガルーラに倒されないため。持ち物は、光の粘土を使わないと玄人感が出ると考え、ゴツゴツメットを持たせた。

 

ファイアロー@するどいくちばし
いじっぱりAS
153-146-92-×-89-178

ブレイブバード / フレアドライブ / おいかぜ / どくどく

火力
ブレイブバードでB120メガガルーラへ100~118ダメージ

 今回の構築を使って一番の収穫は、ファイアローの強さを認識できたこと。また、ダメージ計算をして、なぜいじっぱりにしたくなるかも分かった。するどいくちばしはサファリゾーンで出現するドードーが持っている。

 

全体

見ての通り、6匹自体は、ローテレートの使用率上位を並べただけのように見えます。しかし、個々が変な技を覚えていたり、変わった努力値配分になっているため、相手の裏をかくことができたかもしれません。また、先制技を持つポケモンが3匹も入っているので、最後までチャンスが残りやすいです。

ただ、構築全体が低火力気味なので、ポリゴン2やとぐろをまくミロカロスといった耐久よりのポケモンに苦戦します。昔ながらの拘り眼鏡持ちの電気ポケモンも嫌。ピクシーは負ける前提で戦います。一応ギルガルドアイアンヘッドで倒せるので無対策ではない。と言いたい。

 

以上。

 

 

初心者のMH4に関する思い出

私はモンハンを4から始めた新参者です。リオレイアなのかリオレウスなのか、まだきちんと確認しないと不安です。ディアブロス復活!と言われても?です。

 

そんな私のMH4の思い出について書きます。

 

複雑な操作

プレイしてまず操作の複雑さに困りました。

 

細かいところをあげればキリがないですが、武器出しと武器をしまうボタンが違う、アイテムを使う動作がよく分からないなど。そのうえ、操作説明が優しくない。敷居が高すぎる。

 

ちなみに、地図の表示を切り替える操作や、Aを押しっぱなしでアイテムを調合する方法、料理で焼く以外の調理法があることは、シナリオをクリアした後に覚えました。

 

まだまだ未知の操作があると思います。

 

武器選び

次に困ったのは武器の選択でした。まずは、弾丸を買う必要がありそうなガンナー系の武器はやめました。これは正解だったと思います。

 

操作がシンプルっぽく、見た目のかっこいい剣を使おうと思い、大剣と太刀を比べて太刀を使うことにしました。大剣は動きが遅く隙が多いように感じたから。今は大剣大好きで太刀は嫌い。

 

この時、双剣や片手剣を試さなかったのは今でも悔やまれます。せめて、「モンハン 初心者向けの武器」などで検索しておくべきでした。

 

もしも、モンハンを新しく始めようとしている人がこの文章を読んでいたら、片手剣の使用を強くオススメします。

  

初めての狩猟

最初にゲームを始めた時は、初心者向けボスの代名詞ドスジャギィはおろか、その子分ジャギイにもかなり苦戦しました。嘘みたいな本当の話。完全なるノンフィクション。

 

実は私、ターン制以外のゲームが非常に苦手です。マリオやカービィ以外のアクションゲームには一切手を出していませんでした。マリオカートは生涯最高3位で(3人で)、007では殺される側でした。

 

そんな下手くそなのに挫けずにMH4を続けることができたのは、以下の理由があったからです。

 

居心地の悪いマルチプレイ

オンラインで他の人とマルチプレイをしたおかげで、MH4へのモチベーションを保つことができました。

 

初めてマルチプレイをした時(私だけ初期装備だった)、私が使えないと判断した大剣や、操作が複雑すぎて即使うのをやめた操虫棍を使いこなす人、そして片手剣の魅力を示してくれた人に出会いました。

 

また、自分がとてつもなく下手だということも知りました。正直、楽しさよりも居心地の悪さの方が大きかった。

 

それでも、上手な人たちがプレイしているのを見たのはとてもプラスになりました。その人たちは残念ながら、MH4Gはやっていません。また一緒にプレイできたらと思います。

 

考え方がぐるりと変わったことば

上手な人たちと一緒にプレイして意識が変わった私は、使用武器を片手剣に変え、熱心にモンハンの情報を集めるようになりました。

 

その中で「モンハンはターン制である」という言葉を見つけ、衝撃をおぼえました。モンスターの攻撃をやり過ごすべきターンと、プレイヤーが攻撃するべきターンがある、という言葉です。

 

言われてみれば当たり前ですが、MH4を攻撃しあうゲームと捉えていた私は、そのことばで考え方を変え、同時に動き方を少しずつ変えていきました。その結果が今の私です。最初の頃に比べたらとてもマシになったと思います。思うのは自由。

 

以上が、私のMH4の思い出です。今はMH4Gで遊んでいます。