読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ローテ】おいかぜサザンドラ+剣の舞ギルガルド ORASシーズン1使用構築

ローテ ギルガルド サザンドラ ニンフィア ガルーラ ロトムW ファイアロー

概要

ORASシーズン1のローテレートで使用していた構築です。勝率は67%くらいで最終レートが1726、順位は21位!強い!

この構築の良いところは、ライコウジガルデエムリットといったいわゆる準伝説のポケモンが不要なところ。また、遺伝技がガルーラすてみタックルくらい。めざめるパワーも必要としない。簡単!

 

個別

サザンドラ@ラムの実
控えめ H188 C228 B84 S4
191-×-121-191-110-119
竜の波動 / 悪の波動 / 大文字 / おいかぜ

耐久
・A194メガガルーラすてみタックルをだいたい(84.72%)耐える

火力
・竜の波動でH183-D105ガブリアスを倒す時(76.56%)もある
・大文字でH157-D110メガクチートを倒す時(58.98%)もある

ギルガルドと組ませるために構築に入れた。剣の舞ギルガルドを並べるにあたって、必要だと感じた耐久と火力を満たす形にした。ちょっと中途半端。アイテムは、火力上昇よりも状態異常を重くみてラムの実を選んだ。発動回数はけっこうあった。

 

ギルガルド@命のたま
いじっぱりH252 S36 残りA
167-107-170-×-170-85
167-217-70-×-70-85

アイアンヘッド / かげうち / キングシールド / 剣の舞

火力
アイアンヘッドでH202-B137ピクシーを倒す時(58.98%)もある
・A2段階アップしたアイアンヘッドでH157-B145メガクチートを倒せる(100%)

速さ
・おいかぜ下でS169ガブリアスより速い

 構築の出発点。PGLで確認する限りでは、ローテのギルガルドは特殊型が多い(8対2くらい)。そのため、サザンドラギルガルドと並べると、光の壁を使ってくる相手が多く、簡単に剣の舞を使えることが多かった。今回は、構築全体で厳しいトリックルームをやり過ごすためにキングシールドを選んでいるが、キングシールドなしでシャドークローや、聖なる剣を入れるのも強そう。

 

ニンフィア@こだわりスカーフ
臆病CS
170-×-85-162-151-123
ハイパーボイス / ねごと

耐久
・A146ファイアローのこだわり鉢巻持ちブレイブバードで死ぬ

火力
・D120メガガルーラハイパーボイスが90~106ダメージ

速さ
・スカーフ込みでs183ライコウより速い

3番目に構築に入れたポケモンギルガルドサザンドラと組み合わせるポケモンとして、ふいうち耐性があり、ガブリアスを上から倒せるポケモンを考えていたら、twitterで見かけたスカーフ持ちのニンフィアを思い出した。ハイパーボイスが音技であるため、おいかぜを使ううえで面倒な身代わり対策にもなる。イーブイを他のロムへ移すと仲良し度が下がるのは教えて欲しかった。

 

ガルーラガルーラナイト
陽気AS
(ガルーラ)181-147-100-×-100-156
(メガガルーラ)181-177-120-×-120-167
すてみタックル / けたぐり / ふいうち / じしん

 火力

・B120メガガルーラへけたぐりで167-198ダメージ

4番目に決めた。いつもメガガルーラばかり使ってる。相手のサザンドラを重くみて、性格を陽気にしてけたぐりを覚えさせている。

 

ロトムWゴツゴツメット
図太い H252 B148 C44 D4 S60
157-×-160-131-128-114
10万ボルト/ ハイドロポンプ / 光のかべ / リフレクター

耐久
・A194メガガルーラすてみタックルをだいたい(90.18%)耐える

火力
・H153-D89ファイアローを10万ボルトで倒せるようにしたはずだった(88.28%)

飛行耐性や炎耐性、光のかべとリフレクターを使えるポケモンとして構築に入れた。図太いにしたのは、壁を使う前にガブリアスメガガルーラに倒されないため。持ち物は、光の粘土を使わないと玄人感が出ると考え、ゴツゴツメットを持たせた。

 

ファイアロー@するどいくちばし
いじっぱりAS
153-146-92-×-89-178

ブレイブバード / フレアドライブ / おいかぜ / どくどく

火力
ブレイブバードでB120メガガルーラへ100~118ダメージ

 今回の構築を使って一番の収穫は、ファイアローの強さを認識できたこと。また、ダメージ計算をして、なぜいじっぱりにしたくなるかも分かった。するどいくちばしはサファリゾーンで出現するドードーが持っている。

 

全体

見ての通り、6匹自体は、ローテレートの使用率上位を並べただけのように見えます。しかし、個々が変な技を覚えていたり、変わった努力値配分になっているため、相手の裏をかくことができたかもしれません。また、先制技を持つポケモンが3匹も入っているので、最後までチャンスが残りやすいです。

ただ、構築全体が低火力気味なので、ポリゴン2やとぐろをまくミロカロスといった耐久よりのポケモンに苦戦します。昔ながらの拘り眼鏡持ちの電気ポケモンも嫌。ピクシーは負ける前提で戦います。一応ギルガルドアイアンヘッドで倒せるので無対策ではない。と言いたい。

 

以上。